行政書士活用

交通事故行政書士活用

お気軽に相談できるのが行政書士です。敷居も高くありません、町の行政書士です。当事務所は交通事故に特化した行政書士事務所となります。年間解決事例200名以上という実績がございます。実績があるからこそ、初めて無料相談メールや無料相談会でお会いした被害者の状況をお聞きするだけで、今後進むべき方向性取り組み方法、示談金、賠償額なども算定できるということになります。

それでは行政書士が交通事故解決に向けて取り組むことは何なのでしょうか?行政書士は「権利義務」「事実証明」に関する業務を行うことができます。保険会社他との交渉において、口頭での交渉は禁物です。「言った!」 いや「言わない!」ということにもなりかねません。書面での相互確認が重要となるからです。このような書面作成は行政書士の本職であり正式な文書を作成できます。文書を作成する上で、何が必要な文言なのか!どのような主張を盛り込むべきか!足元をみられないためにはどうするべきか!など行政書士がプロとして交通事故に関する書面関連・請求関連などのアドバイス、作成を致します。

当事務所では、交通事故に関する対応として保険会社に提出する「通知書」や 「損害賠償請求書」を作成致します。保険会社から示談の提示があり(賠償額)それに対して被害者が納得できなければ、被害者自らが「損害賠償請求書」を保険会社に提示することが重要です。それでは、その「損害賠償請求書」を提示すると言ってもどのようにすれば?というお話しになるかと思います。保険会社から提示された賠償額が妥当なものなのか、それとも一般的な賠償額とかけ離れているのかなども理解する必要がございます。



交通事故解決が行政書士、労災は社労士が担当

交通事故の解決において、保険会社と示談に至るまでには様々な交渉があります。後遺障害等級について、慰謝料について、賠償金についてなどに目がいきがちです。しかし通勤途中の事故や、業務中の事故は労災となります。労災申請は、弁護士でもなければ、行政書士でもなければ、社会保険労務士、つまり社労士の業務となります。よって、社労士がいない相談所では積極的に労災の申請など致しません。そのような手間のかかるお話はしない相談所もあるようです。

また、交通事故で重い障害が残った場合、障害年金を受け取ることができます。高次脳機能障害や、肢体切断など、障害年金の対象です。障害年金の申請も、社労士の業務です。当相談所では、一般的な交通事故の示談に関すること、労災や障害年金の申請、行政書士と社労士がタッグで取り組むため、被害者が受け取るべき権利、利益全てをお知らせし申請ができるということです。また、担当する所長松井、労災のプロ宮本は、行政書士と社労士、両方の資格を有するので、話が早いというこ

わたしたちはアットホーム

納得できる交通事故示談

堅苦しい相談所ではありません。アットホームです。スタッフはみんな穏やかです。しかし権利主張となればとことん戦います。知れなければ損をするなどあってはなりません。被害者が得られるもの全てに取り組みます。所長の松井も家族が交通事故の犠牲になった被害者という立場なので、相談者のお気持ちをしっかり受け止めます。実績と経験から得た知識、取り組み方を全て発揮してお手伝い致します。お気軽にご相談ください。

交通事故電話相談


交通事故メール相談

関連ページ

  • 事務所概要
  • 交通事故解決報酬
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    今は便利な時代です。電話もFAXも、そしてメールでやり取りができます。当事務所は愛知県にありますが、全国出張対応しております。関東、関西でいうと中間地点です。まず、ご連絡頂きお電話やファックス、メールで打合せを致します。被害者の所有する資料なども、御希望する方法にてやりとり致します。(郵送・メール添付・ファックスなど)相談会での面談や、また労働基準監督署への同行、その他関連施設への同行も実施しております。都道府県全部に事務所を設置したら、すごいコストです。このようなコストを最小限に抑え、交通事故相談、解決の報酬、手数料を少なくすることが被害者様のメリットにもなると考えております。おかげさまで、全国の交通事故被害者よりご連絡を頂き、そして全国対応しております。

    当事務所のレスポンスは早いのです。連絡も対応もスムーズです。お待たせるすることはありません。御相談内容にも的確な回答が可能です。それは実績があるからなのです。全国対応の交通事故相談所、「安心できる交通事故相談所」としてご利用いただいております。ちなみに、「安心できる交通事故相談所」「信頼できる交通事故相談所」とYahooやGoogleで検索するとトップページに 出てきます。私どもは、この部分を大切に、被害者のお手伝いができればと考えております。 お気軽に、御相談下さい。