着手金不要/成果報酬

交通事故被害者サポート着手金不要、示談後のお支払、被害者が負担する費用はございません。

交通事故処理の場合
通知文・損害賠償請求書作成まで一括受任の場合

手続き報酬として事件の経済的利益の10.8%を示談終了後ご請求致します。

例として、保険会社より最初に500万円の賠償金の提示を受けていた場合当事務所で異議申し立ての手続き・示談相談・通知書作成・損害賠償額算定等を代行し、結果的に600万円の賠償金が支払われた事案の場合についての報酬額は?

報酬計算は、600万円の賠償金ー(マイナス)最初に提示された賠償金500万円=100万円(賠償金増加額)が経済的利益となります。経済的利益100万円×報酬10.8%=108,000円を報酬請求と致します。

後遺障害認定支援(被害者請求)
32,400円~108,000円(異議申し立ての場合は別途お見積りと致します)

通勤災害申請・業務災害申請(労災各種)
当事務所では単なる交通事故示談金増額だけではなく、社会保険労務士による通勤災害フォロー(該当の場合)も積極的に行います。被害者として請求できるものは確実に行います。他の相談所では一般的に通勤災害までのサポートはしていないところがほとんどです。一時金の場合 10.8%を報酬としてご請求致します。年金の場合は支給決定した年金の2カ月分+消費税(労働基準監督署より入金されたあとにお支払い頂きます)

例として、休業特別支給金+休業損害で30万円・障害特別支給金20万円の場合、30万+20万=50万×10.8% 一時金の場合54,000円が報酬。年金額90万円の場合、90万÷12ヵ月=75,000円 75,000×2ヵ月分=15万円×消費税 報酬は162,000円となります。ご不明な点はお問合わせ下さい。報酬内容を明確にしております。実績のある交通事故相談所・行政書士だからできる報酬設定であり総合的な交通事故解決サポートフォローとなります。

わかりやす報酬

交通事故解決報酬は示談後の支払、着手金不要

交通事故の解決、示談はお一人ではなく第三者、専門家のアドバイスが重要です。被害者がお一人で、保険会社やその他機関と交渉していくにはハードルが高すぎます。保険会社は、保険を支払いたくないからです。当事務所では、着手金不要、すべて示談後のお支払い、成果がなければ負担はゼロとなります。明確な報酬となりますのでご安心ください。示談まで何年かかってもお支払は示談後となります。

また、一般的な交通事故の相談、解決対応は、交通事故の賠償金などになり、労災、つまり通勤途中の事故、業務中の事故などは手続き対応しない事務所も多くございます。当事務所は、賠償金の他、労災に該当する事案の場合には、労災手続も積極的に行いますのでご安心ください。交通事故による労災、障害年金申請などトータル的なサポートが可能なのです。

交通事故解説本プレゼント

交通事故解決サポート安心できる被害者対応 スタッフ紹介

交通事故電話相談


交通事故メール相談

関連ページ

  • 事務所概要
  • 所長挨拶
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    基本的にメールやお電話で十分対応できます。それは実績と経験があるからです。但し、同行が必要な場合や申請などにおける手続きで出向く必要がある場合は、全国どこへでも出張対応します。もちろんこの経費も成果報酬の中に含まれます(一部実費もあり)労働基準監督署への同行、病院、役所、会社など案件は様々です。よって全国対応可能ということです。解決示談に至るまで数年かかる人もいます。もはや深い絆ができるということです。ご一緒に示談解決まで頑張りましょう。