自賠責保険

交通事故、自賠責での示談はやめてください。最低限の保障なのです。

対人賠償の賠償額が自賠責保険の限度額を超えた場合に任意保険がカバーする仕組みとなっております。賠償額(賠償金)が高額になる場合であってもいったん自賠責保険の基準で示談交渉をして示談が成立すると、その金額で賠償額(賠償金)が決まってしまいます。知らなければ損をするというところがここなのです。

自賠責保険での賠償基準は低いものであり(最低の補償額) 実際支払われるべき賠償額は自賠責の基準以上の金額となり任意保険(加害者が加入している保険)より上乗せして支払われているのが現状です。しかしながら、何もしらない被害者は、自賠責保険での基準額に近いものを保険会社より示談提示され、それで納得してしまっている場合がございます。ある意味保険会社の言う通り、なすがままの状態です。保険会社が自賠責基準での示談を提示してきたとしても、その金額のままで示談しようとは思わないで下さい。このような場合に、当事務所のような交通事故専門の行政書士に相談して頂くことをおすすめ致します。

【自賠責保険とは】

自賠責保険・共済は、交通事故の被害者を救済するために、自動車やバイクを所有する全ての人が必ず加入することを義務付けられている保険です。交通事故の被害者となったときに、加害者が何も保険に加入しておらず、また被害者に対して賠償金を支払う経済力がないといった場合、被害者の救済が出来ませんよね。このような事態を未然に防ぎ、交通事故被害者を保護するために設けられているのが、自賠責保険・共済制度となります。また、自賠責保険・共済に加入することで、加害者となってしまった場合にも、賠償金を全額自己負担で被害者に支払うということは経済的に大きな負担となるので加害者負担も少なくなるということです。

自賠責保険・共済では、交通事故の損害の状況によって保険金額が定額化されており、その保険金額を超える部分については支払われません。これは、年間何十万件と起きている交通事故の処理を迅速かつ公平にするためです。よって、一般的には自賠責保険+任意保険が被害者への賠償となります。そして自賠責は定額化されておりますが、任意保険は保険会社との交渉を伴う部分も多いにありますので交通事故の被害者は、一人で示談交渉に向かうのではなく、しっかりとしたアドバイスをもらえる交通事故専門の相談所にサポートしてもらうことが、賠償額アップにもつながるのではないでしょうか。

知らなければ損をする

自賠責保険の落とし穴、自賠責での交通事故示談はしないこと自賠責保険8等級の後遺障害の保険金額は819万円となっております。そのうち後遺症の慰謝料は317万円です。そうなると後遺障害の逸失利益は502万円となります。裁判所基準で見ていきたいと思います。

(当事務所解決事例)
年齢が40歳で基礎収入が550万円とします。
逸失利益 5,500,000×0.45×14.643=36,341,425
慰謝料  750万~870万 合計
最大で44,941,425円 (最大の裁判所基準額)

この裁判所基準44,941,415円 - 自賠責基準819万円= 36,751,425円
なんと! 自賠責基準と裁判所基準では 約3,600万も違うのです!

自賠責と任意保険の開き自賠責基準で示談してしまうと、後から知ってももう遅いのです。知らなければ損をすることばかりの交通事故の示談交渉です。被害者の権利をしっかり主張していくことのお手伝いを致します。解決実績豊富な当事務所に是非ご相談下さい。

自賠責保険支払基準

自賠責保険の必要書類


交通事故解説本プレゼント

交通事故解決サポート安心できる被害者対応 スタッフ紹介

交通事故電話相談


交通事故メール相談

関連ページ

  • 事務所概要
  • 所長挨拶
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    全国対応の交通事故相談所です。北海道から沖縄まで、解決事例は年間200件以上です。交通事故の被害者状況は様々です。よって被害者と多く接すればそれだけ様々な案件を理解することができるのです。交通事故の解決は、実績が必要です。知識、行動力、そして何よりも解決能力があるかいなかです。一度ご相談頂ければ、当相談所の強みをきっとご理解いただけるはずです。