解決事例 骨折

交通事故解決事例集

交通事故 骨折

■骨盤骨折・骨折事例・12級13号獲得

骨盤骨折 異議申立で12級13号解決事例 M様 40歳代男性(宮城県名取市)からの御相談。

M様は、自動車事故同士の事故で股関節脱臼骨折(骨盤粉砕骨折)のお怪我となりました。2年ほど治療をして症状固定とし、後遺障害申請をしたところ、14級9号となりました。 股関節の痛みがかなり残っており、上位の等級が取れる可能性はないでしょうか?ということでご連絡を頂きました。まずは後遺障害診断書と等級認定票のコピーを郵送していただき、拝見しました。 M様の後遺障害診断書を拝見したところ、股関節脱臼骨折(骨盤粉砕骨折)となっています。ダッシュボードに膝をおもいきりぶつけたことで、大腿骨が骨盤からはずれて骨盤粉砕骨折になったと思われます。 M様からご依頼をいただき、主治医の先生に医師の意見書を記入していく文面を考案いたしました。主治医の先生も快く記入してくださり、異議申立を行いました。 それから3ヵ月後に、M様から12級13号に認定されたという嬉しいメールを頂きました。 12級13号に無事認定されたので、損害賠償請求書を作成させていただき、解決までお手伝いさせていただきました。

■距骨の骨軟骨骨折・骨折事例 14級から12級

距骨の骨軟骨骨折で14級9号から12級13号獲得事例 S様 40歳代 男性(三重県四日市市)からの御相談

S様は、原付バイクを運転中、赤信号で停車しているところに青信号で右折してきた自動車にぶつけられて事故に遭われました。 右距骨骨軟骨骨折、右腓骨筋腱脱臼のお怪我をされ、関節鏡での手術を受けました。 後遺障害の申請をしたところ、14級9号という結果になり、異議申立をしたいということで、S様からご相談を頂きました。 納得がいかないことは是非中途半端にせずご相談下さい。当事務所で内容を検討したところ、かなり痛みが残っているようでしたので、異議申立をすれば12級13号が取れるのではという判断となりました。 (当事務所では今迄の解決事例より、すぐに等級判断ができるのです)S様から正式にご依頼を頂き、主治医の先生に距骨骨軟骨骨折のステージ分類についてご教示頂く書類を作成致しました。また、レントゲンフィルムでは骨軟骨の状態が写っていませんでしたので、「関節鏡テープ」を異議申立に添付して提出しました。 3か月ほどで、12級13号の認定結果となりました、という嬉しいご報告をSさまより頂きました。 その後は、損害賠償請求書等の書類作成をお手伝いさせて頂き、3回の交渉で、当初の提示金額より約4倍の額での解決となりました。

■右大腿骨顆上骨折・骨折事例・後遺障害13級獲得

右大腿骨顆上骨折により13級解決事例 H様 40歳代 男性(静岡県焼津市)からの御相談

H様は、右大腿骨顆上骨折により、右足が左足に比べて1cm以上短縮し、13級8号に認定されました。 保険会社から金額の提示があり、念のため一度点検して欲しいということでご相談頂きました。H様から損害賠償額の案内と後遺障害診断書、等級認定票のコピーを郵送して頂きました。治療は1年3ヶ月かかっており、入院は73日、通院日数は30日となっていました。 右大腿骨顆上骨折は、膝の少し上の骨折で、あまりみかけない骨折です。慰謝料と後遺障害慰謝料が赤本(裁判所基準)と比べてかなり低い金額の提示でしたので、当事務所で損害賠償請求書等を作成させていただき、交渉のお手伝いを進めていきました。 3回ほど書類を作成して、赤本基準の90%の数字まできましたので、H様にもご満足頂き、示談となりました。

■距骨骨折・骨折事例・14級から12級獲得

距骨骨折による14級から異議申立で12級獲得事例 H様 30歳代 女性(富山県富山市)からの御相談。

H様は小雨の中、スピンした対向車がセンターラインを乗り越え当方車線に侵入し、避けきれずに正面衝突し、距骨骨折の大怪我をしてしまわれました。 「交通事故に関して調べれば調べるほど、専門家の方に中に入って頂いた方が賢明という気がしてきています。富山に住む私がこちらに正式に示談のお手伝いをお願いした場合、受けていただくことはできるのでしょうか?」というご相談でした。 当事務所では全国47都道府県のお客様を事故解決に導いて参りました。遠方のお客様は、お電話、メール、FAXなどでやりとりをさせて頂き、全力でバックアップさせて頂いております。H様にもご安心頂き、ご依頼を頂きました。 お問い合わせのメールを頂いてから3ヶ月後に症状固定し、後遺障害の申請をしました。2ヵ月後に後遺障害等級認定票が保険会社から送られてきました。右距骨骨折の右足関節痛については、14級9号となっていました。 H様は足首の痛みがかなりひどく、12級への異議申立をすることにしました。主治医の先生について距骨骨折について医師の意見書の記入をお願いする文章を作成させて頂きました。主治医の先生も快く証明してくださいました。異議申立の結果、12級13号を獲得することができました。足のかかとの骨の骨折なので、歩くときに負荷がかかり、日常生活でとても不自由されていたH様に、大変喜んでいただけました。12級13号が認定されて本当に良かったです。損害賠償請求書等の作成もお手伝いさせて頂き、3回目の書類作成で、H様にご満足いただける金額となりました。また、併せて搭乗者傷害保険についても、14級から12級の金額に増額となり、喜んで頂けました。 骨折の異議申立は、当事務所の最も得意とする分野です。骨折された方は、ぜひお気軽にご相談ください。

■会社設立中の事故の休業損害解決事例 小指骨折・骨折事例

会社設立中の事故の休業損害解決事例 N様 40歳代 男性(静岡県浜松市)からの御相談。

N様は、ご自分で会社を設立中に事故に遭い、お怪我が治るまで事業を延長していました。休業損害が問題となったわけですが、保険会社からは、1日5,700円の実通院日数74日で提示がありました。 N様は事故により右手の小指を骨折してしまい、新しい事業は右手を使う仕事のため痛みが取れるまで新事業が開始できなかったので、そこまでの休業損害を請求したいというご要望でした。 当事務所で、N様の作られた事業計画書を基にして、休業損害の日額と期間を検討させて頂きました。 日額は年齢別平均賃金センサスの70%とし、最初の3か月は100%、次の3か月は50%、残りの期間は20%の日額で計算書を作成させて頂きました。 保険会社からの回答は、こちらの要望した額の70%でしたが、最初の提示額の2.7倍となり、Nさんにご満足頂き、示談となりました。

■第二腰椎圧迫骨折・骨折事例・11級7号獲得

第二腰椎圧迫骨折による11級7号解決事例 K様 20歳代 女性(岩手県大船渡市)からの御相談。

K様は、第二腰椎圧迫骨折にて後遺障害11級7号となりました。保険会社の提示金額が低いのでは、という疑問をもたれ、当事務所にご相談頂きました。 K様はご自分の提示金額と照らし合わせ、やはり金額が低いと感じ、関係書類を郵送頂きました。当事務所でK様の示談金額の案内を、各項目ごとに検討いたしました。 K様はお仕事も忙しく、通院回数が88日通院と少なめでした。そのため慰謝料の提示も少なく、約40万円となっていました。赤本をもとに計算をし直しました。 後遺障害逸失利益は、動労能力喪失率20%(11級)、労働能力喪失期間10年となっていました。これについては、労働能力喪失期間をもう少し長く計算しなおしました。保険会社との交渉を3回ほど経て、慰謝料、後遺障害慰謝料が大幅なアップとなりました。更に後遺障害逸失利益については、労働能力喪失期間が10年から15年にアップしました。 K様も金額にご満足くださり無事解決となりました。

■右膝蓋骨骨折・骨折事例・12級7号獲得

右膝蓋骨骨折により12級7号解決事例 K様 40歳代 男性(長野県諏訪市)からの御相談。

K様は、バイクと自動車との右直の事故で、右膝蓋骨骨折のお怪我をされ、後遺障害12旧7号と認定されました。 慰謝料の金額が妥当なのか、後遺障害について増額の可能性はあるか、というご相談を頂きました。 K様に、後遺障害等級認定票、事故前年の源泉徴収票、示談金額のご案内等の書類を郵送していただき、計算をしてみました。慰謝料も後遺障害部分もまだまだ低い金額の提示となっていました。ご依頼を頂き、保険会社との交渉のために書類を作成させて頂きました。 1回目の交渉で、保険会社は後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の明細を提示してきました。それによりますと、逸失利益については、60歳までは労働能力喪失率が7%、60歳から67際までは14%という内容になっていました。 K様は膝の可動域制限がかなり残ってしまわれ、仕事にかなりの制限が出てしまい、困っておられました。そのため、60歳までの労働能力喪失率を14%で主張していくことにしました。2回目の交渉では労働能力喪失率が7%→10%と少し上がりました。諦めず、粘り強く3回目の交渉をしたところ、14%を獲得することができました。 最終的に、最初の提示額と比べると1000万円以上の増額となり、K様にもご満足頂くことができました。

■右大腿骨遠位端骨折・骨折解決事例・後遺障害非該当から14級獲得

右大腿骨遠位端骨折で非該当から14級獲得事例 I様 30歳代 男性(神奈川県横浜市)からの御相談

I様は、出勤のため駅まで行く途中、自転車で走行している時に自動車と正面衝突し、右大腿骨遠位端骨折の怪我となり近くの病院に入院されたそうです。 2ヶ月近く入院し、退院後もリハビリを続け、事故から1年6ヶ月後に症状固定となり、後遺障害の申請を行いました。 通勤災害につきましては、当事務所で勤務先から給与明細、ボーナス明細、労働保険の領収書などを取り寄せお手続きをさせて頂きました。第三者行為災害届、休業特別支給金申請、障害給付申請などの書類作成をし、労働基準監督署の認定立合もお手伝いさせていただきました。 約1ヵ月後、労働基準監督署から「不支給決定通知」が届き、I様のお話を伺い、審請求の手続をしようということになりました。 それと前後して、相手の任意保険会社からは等級の事前認定結果が届きましたが、こちらも後遺障害非該当という内容でした。これについてもIさんと相談し、異議申立の手続をすることにしました。 労災保険の不服申立は、労働基準監督署からの案内を受け取ってから60日以内に実施しなければなりませんから、至急「労働保険審査請求書」を作成させて頂きました 。交通事故示談への道のり、つまり賠償金や後遺障害等級アップだけではなく、通勤災害として労災申請までしっかりやることができる交通事故相談事務所は多くありません。是非お任せ下さい。

■中心性頚髄損傷・骨折事例・14級9号から12級9号獲得

中心性頚髄損傷で14級9号から12級9号獲得事例 D様 30歳代 男性(岐阜県岐阜市)からのご相談

D様は、業務で自動車に乗っていて、信号のある交差点で停止していたところ後方から走行してきた車に追突され負傷してしまいました。 後遺障害診断書によれば、中心性頚髄損傷という傷病名がついていましたが、後遺障害等級認定票は14級9号となっていました。 当事務所の相談会にご参加頂き、そこで、もう少し上位の等級が取れないかというご相談を頂きました。相談会当日に後遺障害診断書を持ってきて頂き拝見したところ、頚椎MRIの画像所見では「脊髄内輝度変化」との記載がありました。そこで、12級か9級が狙えるのでは、とお話をさせて頂きました。 異議申立をしてみましょう、ということになりましたので、主治医の先生に頚椎MRI画像について意見書を記入していただく書類を作成させて頂きました。その後、異議申立書の作成をお手伝いさせて頂きましたが、自賠責保険の調査事務所への異議申立は残念ながら14級9号のままでした。 D様は症状固定後も右腕がしびれるとおっしゃっていましたので、私共としては12級以上が十分獲得できると判断し、自賠責保険・共済紛争処理機構へ異議申立を再度実行してみました。書類の作成をお手伝いさせて頂き、約6ヵ月後に認定結果がD様のもとに届きました。 紛争処理機構の判断は、12級13号に該当するものということで、D様にもご満足頂くことができました。MRI画像に輝度変化が認められたこと、しびれや筋力低下などの神経症状が見られたことなどが認定の理由でした。 MRI画像所見にて「脊髄内に輝度変化あり」の場合は、14級9号で満足せず、一度は異議申立をすることをおすすめ致します。まずはお気軽に、ご相談下さい。 交通事故の対応経験・実績が何よりも重要です。携わった件数が多ければ多いほど被害者にとっては安心できる交通事故相談所ということになります。

■後頭骨個説・骨折事例・併合11級獲得

後頭骨骨折、脳挫傷による併合11級解決事例 T様 40歳代 女性(滋賀県長浜市)からの御相談。

T様は自転車に乗っていて事故に遭われ、後頭骨骨折、脳挫傷を負い、併合11級の後遺障害が認定されました。 今後、事故をどのように解決していけばいいかというご相談を頂きました。 T様はめまいが継続しており、気候の変化や体調により症状が強くなるといろいろな行動が制限され、日常生活に支障をきたしているとのことでした。もうひとつは嗅覚脱失です。生活の中から香りが無くなってしまったことはかなりのストレスになっており、嗅覚脱失のせいで味覚にも異常をきたし、食事の支度など家事も困難になっているとのことでした。T様のお話を総合して後遺障害等級結果の書類を拝見し確認致しました。 頭部画像上において脳挫傷痕の残存が認められるということで、12級13号の認定がありました。また、もうひとつの嗅覚脱失については、12級相当の認定ということで、併合11級となっていました。 高次脳機能障害の申請書類も拝見致しましたが、日常生活状況報告書においても特別な異常はありませんでしたので上記の併合11級で妥当なのではとご説明させていただいたところ、T様も納得しましたとおっしゃって頂きました。 その後は人身障害の損害賠償の内容についてのお話となりました。各項目毎に確認させていただいたところ、慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料が低い提示額となっていました。 Tさんからご依頼を頂き、損害賠償請求などの書類作成にてお手伝いさせて頂き、無事解決となりました。 交通事故の解決は一人で悩まず専門家にご相談下さい。それにより、後遺障害等級のアップ・慰謝料・賠償金のアップが考えられます。

■鎖骨骨折・骨折事例・併合11級獲得

鎖骨骨折により併合11級解決事例 A様 40歳代 男性(熊本県熊本市)からの御相談。

A様は、相手側に一旦停止の標識がある交差点に原付で進入したところ、一旦停止無視の自動車と接触し、鎖骨骨折となったそうです。 鎖骨骨折の手術はしませんでした。1年経過後症状固定となり、被害者請求により後遺障害申請を行いました。そこで併合11級の認定を受けたがこの等級で妥当なのかどうかという点と、 相手側の任意保険会社から送られてきた損害賠償額が適切なのかどうかというご相談を頂きました。 後遺障害診断書と等級認定票をお送り頂き拝見したところ、肩関節の可動域制限についてはほとんどなく、主治医の先生が手術をせずに保存療法を選択されたために鎖骨の変形と痛みが残っていました。そのため、12級5号と12級13号で併合11級が妥当ではないかとご説明させて頂きました。 損害賠償金額の案内については、項目ごとに確認・点検をさせて頂きました。A様の場合、後遺障害逸失利益が問題でした。喪失率が14%、喪失期間が10年の提示となっていました。 A様からご依頼をいただき、後遺障害逸失利益については喪失率は14%のままですが喪失期間を67歳までの17年間、後遺障害慰謝料は420万円を請求する内容の書類を作成させて頂きました。 3回ほど書類作成にてお手伝いさせて頂き、後遺障害逸失利益については喪失期間が10年から15年となり、後遺障害慰謝料は360万円に増額し、無事解決となりました。どんな骨折も事故の被害者には変わりません、しっかりと示談交渉していくために交通事故専門の当事務所がサポート致します。

■鎖骨骨折変形・骨折事例・12級5号獲得

鎖骨骨折による変形、12級5号解決事例 M様 20歳代 男性(愛知県安城市) からの御相談。

M様は、横断歩道を渡っているときにトラックが一時停止せずに突っ込んで来て、鎖骨を骨折してしまいました。 通勤途中の事故でしたので、損害賠償額と通勤災害の進め方についてご相談を頂きました。M様は鎖骨骨折で24日間の入院をされ、手術をしましたが鎖骨の変形の後遺障害が残ってしまい、事前認定で12級5号となりました。肩の痛みがあり、また治療が長引いたために会社を退職することになってしまいました。保険会社から提示された損害賠償額を拝見したところ、まだまだ増額の余地があると判断し、M様にお伝えしたところご依頼を頂きましたので、損害賠償計算書などの書類の作成にとりかかりました。 3回ほど書類作成にてお手伝いをさせていただいた結果、後遺障害逸失利益の喪失期間は5年から8年に、後遺障害逸失利益は120万円から250万円に増額することができました。 通勤災害については、第三者行為災害届と療養給付たる療養の給付請求書は勤務先の総務担当の方が手続をしてくださっていました。 休業損害については、労災保険の休業給付よりも相手側保険会社の休業損害のほうが早く支払われるため、「休業損害証明書」を勤務先で証明してもらって下さいとアドバイスをさせていただきました。 また、労災保険の障害給付の申請も出来ることをご説明させていただきました。こちらの方も12級5号の認定となりました。 民事上の賠償を先行しましたので、示談書と最後の損害賠償額計算書を労働基準監督署に提出するように、M様にご説明をさせていただきました。 なお、労災保険の方は、障害特別支給金20万円とボーナス特別一時金25万円程の支給があったとM様からご連絡をいただきました。

■上腕骨骨折・骨折事例12級6号獲得

上腕骨骨折12級6号解決事例 M様 50歳代 男性(岡山県岡山市)からの御相談。

M様は、左上腕骨骨折により肩関節の可動域の制限があり、後遺障害12級6号に認定されました。 M様は、当事務所の交通事故解決の小冊子を申し込まれ、12級6号の事例の金額と比較して、後遺障害慰謝料などがかなり低いということで相談のメールを頂きました。まずは、後遺障害等級が12級6号で妥当なのかどうかを確認するため、後遺障害診断書、後遺障害等級認定票のコピーをお送り頂きました。拝見したところ、肩関節の可動域制限のみの後遺症でしたので、12級6号で妥当と判断しました。 保険会社はM様が役員で高額な報酬をもらっていたため、逸失利益の年収を年齢別大卒賃金センサスで計算し、60歳以降については60歳大卒賃金センサスで計算してきていました。 逸失利益の年収について60歳までの部分は、役員報酬が高い方の事例を調べ、労務対価部分が8割とみて計算を致しました。後遺障害慰謝料についても計算し、損害賠償請求書作成のお手伝いをさせて頂きました。 3回ほど書類の作成をさせて頂き、M様もほぼ満足する 金額となり、無事解決となりました。

ご希望の解決事例集をご覧ください

異議申立事例
靭帯損傷事例
骨折事例
高次脳機能障害事例
むち打ち事例
通勤災害労災事例


ご自身のみで保険会社と交渉していくのは大変なことです。交通事故に関する知識を得た上で、専門家にお任せ頂くことが時間的にも金額的にも納得する示談につながります。12年間の被害者対応実績データより、的確なお手伝いができるのです。

交通事故の基礎知識本プレゼント、無料でお渡し致します。損害賠償算定も無料で実施致します

交通事故解決本プレゼント


交通事故解決サポート安心できる被害者対応 スタッフ紹介

交通事故電話相談


交通事故メール相談

関連ページ

  • 事務所概要
  • 所長挨拶
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    15年間の交通事故相談で4,000人以上の被害者とお会いしています。交通事故は全国で発生しております。当相談所をご利用頂いた方からのご紹介も非常に多くございます。またWEBサイトをご覧頂き、お問合わせの方も非常に多くございます。相談所スタッフ全員で被害者のバックアップをし、必要であれば全国どこへでも出張同行対応しております。もちろん、着手金不要、成果報酬型です。だからこそ結果を求める意識が強いのです。