解決事例 むちうち

交通事故解決事例集

交通事故 むち打ち

【むち打ち症・むち打ち症解決事例・後遺障害14級獲得】

後遺障害14級で後遺障害75万円と提示された事例 T様 30歳代 男性(愛媛県西条市) からの御相談。

T様は頚椎捻挫で14級9号に認定されました。 保険会社から損害賠償のご案内が送られてきた時点で、慰謝料はこの金額で妥当なのか、後遺障害が75万円となっており、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の明細がないがどうなっているのか、というご質問を頂きました。 当事務所まで「損害賠償金提示のご案内」のコピーと、事故前年の年収が分かる「源泉徴収票」のコピーを送って頂きました。 保険会社からの提示額を見直し、源泉徴収票の年収をもとに後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料を裁判所基準で計算してみました。T様にご連絡し、まだ金額にかなり差があり増額が見込めるということで、ご依頼を頂きました。 保険会社との1回目の交渉で、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の具体的な数字を提示していただきました。 続いて2回目の交渉で後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間5年を獲得、3回目の交渉で慰謝料、後遺障害慰謝料も各々30万円程の増額を獲得しました。 T様にもご満足頂くことができ、無事示談となりました。 保険会社によっては、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の明細を出してこないところもあります。そのような時にはぜひ一度ご相談ください。 保険会社は企業です。少しでも賠償金を少なくしたいというのが本音です。交通自己の基礎知識がないと大変です。そんな時は、是非当事務所にご相談してみてはどうでしょうか?

【外傷性頚部症候群・むち打ち症・14級獲得】

外傷性頚部症候群で非該当から14級獲得事例 M様 30歳代 男性(岐阜県中津川市)からの御相談。

M様は、外傷性頚部症候群で後遺障害の申請をしたいというご相談でした。後遺障害の認定結果は非該当となってしまい、M様も異議申立をしたいというご要望でしたので、異議申立の手続をお手伝いさせて頂きました。 主治医の先生に意見書を記入していただきました。後遺障害診断書にも記載されていた内容に加え、神経学的所見と、初診時から続いている症状について書いて下さいました。また、MRI画像の所見と、「星状神経節ブロックを22回施行したが、左上肢痛が残存している」という内容を書いて下さいました。更に、症状固定後も1~2週間おきに星状神経節ブロックをしていることも付け加えられていました。異議申立書を作成させて頂き、書類を揃えて申請しました。2ヶ月ほどして、M様から14級9号が認定されたという嬉しい報告を頂きました。

【頸椎捻挫・むち打ち症・14級獲得】

頚椎捻挫で非該当から14級獲得事例 M様 30歳代 女性(福井県福井市) からの御相談。

M様は頚椎捻挫で整形外科に80日ほど通院され、今でも頚部に痛みが残っているのに後遺障害の認定が非該当となってしまったというご相談を頂きました。 非該当でも再度申請することにより等級取得できる場合がございます。後遺障害診断書、等級認定票のコピーを郵送頂き、拝見致しました。 Spurling徴候は陰性で、深部腱反射も正常でしたが、握力がかなり落ちていました。また、右側頚部痛、右肩痛が残っているということで、14級を獲得できる可能性のある事案だと判断し、M様にご説明させて頂きました。ご依頼をいただき、主治医の先生に意見書の記入をお願いする書類を作成させて頂きました。 主治医の先生も快く意見書を記入してくださり、異議申立の書類を当方で準備し異議申立をしました。2ヶ月弱で審査結果がM様のもとへ届きました。14級9号に認定するという結果に、M様にも大変喜んでいただくことができました。 認定の理由としては、右側頚部痛と右上肢知覚障害が受傷当初から 現在においても継続していることから14級9号と判断されたようでした。 今回のような事例もありますので、頚椎捻挫で症状固定後も首周辺に痛みが残っていて、等級が「非該当」の場合は、一度は異議申立をすることをおすすめ致します。 頸椎捻挫・むち打ち症は目に見えない痛みなどがあり、判断が難しい部分でもあります。しかし被害者の状況を冷静に判断し各所に申請することにより後遺障害等級の獲得ができます。

【外傷性頚椎ヘルニア・むち打ち症・14級9号獲得】

外傷性頚椎ヘルニアで14級9号解決事例 H様 40歳代 男性(長野県長野市) からの御相談。

H様は、外傷性頚椎ヘルニアで14級9号に認定され、自動車対人賠償の案内が送られてきたが、各々の項目の金額は妥当かどうかということでご相談をいただきました。 念のため、14級9号で妥当かどうか確認するため、後遺障害診断書、等級認定票のコピー、自動車対人賠償の案内をお送り頂き、拝見しました。 頚椎MRIでは神経根の圧迫ありの所見で、異議申立をしてみる甲斐はある事例でそのことをH様にご説明いたしましたが、H様は事故の解決を早くしたいというご希望だったので、異議申立はしないことにしました。H様からご依頼を頂き、損害賠償請求書等の書類作成をお手伝いさせて頂き、金額の交渉に進みました。2回ほどの交渉を経て、最終的に最初の提示額より150万円程増額しました。保険会社から提示された賠償金や慰謝料後遺障害等級などに疑問をお持ちの方はご相談下さい。第三者が状況をみることにより他の意見もでてきます。まさに交通事故のセカンドオピニオンです。交通事故専門の当事務所にお任せ下さい。

【頸椎捻挫・むち打ち症・14級9号獲得】

頚椎捻挫で14級9号解決事例 A様 30歳代 女性(東京都多摩区) からの御相談。
A様は、当事務所の交通事故解決の小冊子を申し込まれ、後遺障害の等級が決定し金額の提示があったということで、お問合せをいただきました。 A様は現在でも左肩から左腕のしびれ、起床時の首の痛み、家事などの作業時の疼痛が残っており、14級9号で妥当なのかというご質問でした。 後遺障害診断書と等級認定票を拝見したところ、神経学的所見については陽性にものはなく、頚椎MRI画像の所見についても異常所見がなかったため、14級で妥当ではないかとお話させて頂きました。 損害賠償額の内容については、慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料が低い金額でしたので、裁判所基準で計算し、A様にご説明させて頂きました。 ご依頼を頂きましたので、書類の作成にてお手伝いさせて頂き、2度ほど保険会社との交渉を経て無事解決となりました。 後遺障害等級が決まった方は、その等級が正しいものなのかどうか是非一度ご相談下さい。 後遺障害について無料算定をしております。

【異議申し立て・むち打ち症・14級9号獲得】

むち打ち症、異議申立で14級9号獲得 S様 40歳代 男性(岩手県盛岡市)からの御相談。

S様は、むち打ち症で手のしびれや首の痛みが残っているのに、後遺障害が非該当となったということで、メールにてご相談を頂きました。 S様の症状としては、手のしびれが一日中あり、また首の痛みもかなり残っているとのことでした。 後遺障害診断書と等級認定票のコピーを郵送していただき拝見し、主治医の先生に医師の意見書を記入する文章を作成させて頂きました。主治医の先生も快く記入してくださったので、次に異議申立の書類作成をお手伝いさせて頂きました。 結果として14級9号に認定するという内容でS様に大変喜んでいただくことができました。その後、損害賠償請求書などの書類の作成をお手伝いさせて頂き、3回ほどの交渉で無事解決となりました。 むち打ち症で後遺障害非該当となってしまった場合でも、異議申立をすれば14級が獲得できるケースが多くあります。後遺障害が認定されれば、後遺障害逸失利益や後遺障害慰謝料を請求することが出来るようになります。ぜひ一度、ご相談ください。むち打ち症の示談交渉は経験がものを言います。交通事故解決事例が多い事務所に相談頂くことが近道ですし、確実です。

【頸椎捻挫 腰椎捻挫・むち打ち症・非該当から併合14級獲得】

頚椎捻挫、腰椎捻挫、異議申立で非該当から併合14級獲得 N様 50歳代 男性(千葉県船橋市)からの御相談。

N様は、原付バイクに乗っていて右折待ちをしている時に、後ろから自動車に追突されてしまい、お怪我をされました。頚椎捻挫、腰椎捻挫、右股関節痛がいまだに残っているのに、後遺障害の認定は「該当なし」となってしまったので是非相談にのって欲しいという内容です。現在の自覚症状としては、仕事パソコン作業をしていると首から背中にかけて痛みがある。左足大腿部にかけてしびれや痛みがあり、歩くのが困難になる時がある、とのことでした。 ご依頼を頂き、主治医の先生に書いて頂く医師の意見書の文面を考えて作成致しました。先生も快く書いて下さいました。異議申立をした後、調査事務所から 医療照会がありました。 その後、1ヶ月ほど経ってN様から併合14級が認定されたという嬉しいご連絡を頂きました。頚椎についても腰椎についても、初診時から痛みが継続していることが認められ、それぞれ14級9号となりました。非該当から併合14級となりましたので、後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益についても請求することができます。当初の提示金額よりも大幅な増額となり、無事解決となりました。交通事故による後遺障害等級が非該当の方でもご安心下さい。しっかりお手伝いさせて頂くことにより後遺障害等級非該当から14級を獲得できる場合もございます。

【交通事故示談粘り交渉・むち打ち症・14級9号獲得】

粘り強く書類を作成した14級9号解決事例 Y様 40歳代 女性(山梨県甲府市)からの御相談。

Y様は頚椎捻挫で14級9号に認定され、損害賠償額の明細が送られてきましたが、傷害慰謝料、逸失利益、後遺障害慰謝料の金額は妥当か、という内容のご相談をメールにて頂きました。 当事務所まで「損害賠償金提示のご案内」のコピーと、事故前年の年収が分かる「源泉徴収表」のコピーを送って頂きました。これは、逸失利益の計算において事故前年度の年収が必要なためです。保険会社からの提示額を拝見したところ、当事務所の見解ではまだまだ金額アップが見込める事例でした。具体的な金額を計算し、Yさんに郵送し、見て頂きました。金額にかなり差があるということで、当事務所に依頼をして頂きました。 保険会社との1回目の交渉で20万円ほどアップ、2回目の交渉で20万円、3回目の交渉で10万円ほどアップし、Y様にも納得して頂き、無事に示談となりました。 14級9号の場合でも、粘り強く書類の作成を通じてお手伝いさせて頂ければ、最後は満足する金額となることとなった解決事例です。

ご希望の解決事例集をご覧ください

異議申立事例
靭帯損傷事例
骨折事例
高次脳機能障害事例
むち打ち事例
通勤災害労災事例


ご自身のみで保険会社と交渉していくのは大変なことです。交通事故に関する知識を得た上で、専門家にお任せ頂くことが時間的にも金額的にも納得する示談につながります。12年間の被害者対応実績データより、的確なお手伝いができるのです。

交通事故の基礎知識本プレゼント、無料でお渡し致します。損害賠償算定も無料で実施致します

交通事故解決本プレゼント


交通事故解決サポート安心できる被害者対応 スタッフ紹介

交通事故電話相談


交通事故メール相談

関連ページ

  • 事務所概要
  • 所長挨拶
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    15年間の交通事故相談で4,000人以上の被害者とお会いしています。交通事故は全国で発生しております。当相談所をご利用頂いた方からのご紹介も非常に多くございます。またWEBサイトをご覧頂き、お問合わせの方も非常に多くございます。相談所スタッフ全員で被害者のバックアップをし、必要であれば全国どこへでも出張同行対応しております。もちろん、着手金不要、成果報酬型です。だからこそ結果を求める意識が強いのです。