後遺障害等級別一覧表

後遺障害等級別一覧表

後遺障害別等級表をお知らせ致します。ご自分の等級に納得がいくのか?不満があるのか?知らなければ損をすることばかりです。状況によって、後遺障害非該当から該当となる場合、後遺障害等級がさらに高くなる場合などもございます。まずは、後遺障害の等級について、どのくらい内容が異なるのかを知ることも大切です。

◆後遺障害 第1級
保険金額 3,000万円  労働能力喪失 100分の100 (介護を要する後遺障害   4,000万円  労働能力喪失 100分の100)

◆後遺障害 第2級
保険金額 2,590万円  労働能力喪失 100分の100 (介護を要する後遺障害   3,000万円  労働能力喪失 100分の100)

◆後遺障害 第3級
保険金額 2,590万円  労働能力喪失 100分の100

◆後遺障害 第4級
保険金額 1,889万円  労働能力喪失 100分の92

◆後遺障害 第5級
保険金額 1,574万円  労働能力喪失 100分の79

◆後遺障害 第6級
保険金額 1,296万円  労働能力喪失 100分の67

◆後遺障害 第7級  
保険金額 1,051万円  労働能力喪失 100分の56

◆後遺障害 第8級  
保険金額   819万円  労働能力喪失 100分の45

◆後遺障害 第9級
保険金額   616万円  労働能力喪失 100分の35

◆後遺障害 第10級 
保険金額   461万円  労働能力喪失 100分の27

◆後遺障害 第11級 
保険金額   331万円  労働能力喪失 100分の20

◆後遺障害 第12級 
保険金額   224万円  労働能力喪失 100分の14

◆後遺障害 第13級 
保険金額   139万円  労働能力喪失 100分の9

◆後遺障害 第14級 
保険金額    75万円  労働能力喪失 100分の5

このように、後遺障害等級により、保険金額や労働能力喪失のパーセンテージが異なってきます。後遺障害非該当であれば、保険金もありません。また等級が一つあがることによって大幅な保障となっていきます。後遺障害の等級に納得がいかないかた、不満があるかた、非該当となってしまった場合など、異議申立などを行い被害者側の主張を行うことも可能です。

等級の差は大きい!

後遺障害等級14級むち打ちでも賠償金
交通事故でむち打ち症となった場合、後遺障害14級となります。症状や通院状況など、必要書類を用意した上で申請します。むち打ち症状は、今軽くても将来的に、痛みが発生する場合もございます。軽度のむち打ち症だからと言って甘くみないでくだいさい。しっかりと事前準備することんいより、むち打ち症であっても、後遺障害14級を確保できる場合もあるのです。後遺障害14級は75万円の慰謝料から交渉スタートとなります。相談は無料ですのお気軽にお問合わせください。

後遺障害等級確保


後遺障害の等級の差で後遺障害慰謝料の金額はかなり変わってきます。14級から12級、11級、10級と等級があがればあがるほど慰謝料は高くなります。後遺障害非該当から14級確保できた事例も多くございます。後遺障害等級に納得がいかない場合は異議申し立ても行います。自分が納得いかなければとことん納得がいくまで頑張っていきましょう。被害者の傷病は自分でなければわからない部分もあるからです!

交通事故解説本プレゼント

交通事故解決サポート安心できる被害者対応 スタッフ紹介

交通事故電話相談


交通事故メール相談

関連ページ

  • 事務所概要
  • 所長挨拶
  • 後遺障害トップに戻る
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    逸失利益の無料算定を実施中です。無料相談会や無料メール相談よりお問合わせ下さい。この逸失利益の計算方法は複雑であり一般の方々には難しいことなのです。自分がどのくらいの利益を得て、どのくらい保障してもらうのか、保険会社との交渉の前に知るということも大切ではないでしょうか?後遺障害の等級、慰謝料、労災など受け取れるものはすべて受け取るという姿勢で当相談所は動いております!ぜひ、ご相談を。