• 通勤途中の事故、帰宅途中の事故、業務中の交通事故は労災です
  • 通勤途中の事故だか労災扱いかどうかわからない
  • 大手企業程、労災申請をしてくれない。労災扱いにしてくれない。
前へ
次へ

通勤災害申請,労災申請,労災でお悩みの方ご相談下さい
通勤災害は労災扱いです。労災のことなら宮本にお任せ。全国で一番労災通勤災害の担当をしてます

交通事故専門の当相談所では、「通勤災害 早わかりシート」を独自に制作し、皆様にお渡ししております。一般的な、交通事故を主とする相談所では、交通事故の後遺障害等級や後遺障害慰謝料・賠償金を主軸と致しますますが当相談所では、通勤途中の事故など、通勤災害、労災申請までしっかりと積極的にすすめております。他の相談所が、この通勤災害・労災申請をやりたがらない理由があるのです。それは、非常に手間と時間がかかりその事務所の売上につながらないからです。(正直に申し上げて)当事務所は、被害者が得るべき権利をすべて行使するためのお手伝いをするということが基本の考えです。よって、通勤災害・労災申請のプロ、専門の社労士が対応致します。交通事故解決の一部ではなく、通勤災害・労災申請も重要な交通事故解決の一つであることに間違いはざいません。いつでも、被害者目線で対応致しますので、是非ご相談下さいませ。通勤災害・労災申請も全国対応です。全国の労働基準監督署にも同行もしております。交通事故相談所は、解決実績と相談実績が一番重要ではないでしょうか。(交通事故に特化した相談窓口)

通勤災害が得意・通勤途中の事故相談・労災相談
健康保険から労災切り替え・通勤災害労災切り替え・労災への切り替えは難しい・労災なのに健康保険利用・労災切り替え手続き代行・会社が労災を認めない
交通事故によるケガなどが業務災害または通勤災害で、自賠責の支払いに先行して労災保険の給付を希望する場合、所轄労働基準監督署に第三者行為災害届を提出することで労災保険の給付を受けることが可能となります。要件は、交通事故によるケガなどが業務中、通勤途中に発生したということが基本となります。そのため業務外や、通勤途中経路から外れた場所での事故は対象とはなりませんのでご理解下さい。(給付が受けられません)


1.健康保険と比較して、補償の範囲が幅広いと言えます。
2.医療費が100%給付され、個人での負担はございません。
3.特別給付金制度があり、これは民事上の賠償とは支給調整されません。

労災保険と交通事故について
業務中た通勤途中で遭った事故の場合は、労災保険に対し医療費を請求することができます。
相手がある事故の場合、被害者は加害者に対して2つの権利を有することになります。それは損害賠償請求権と労災保険への給付請求権となります。2つの権利のうちどちらを行使するかは被害者自身の選択となります。この場合、加害者と労災保険の両者から二重の補償を受けることを調整する必要があります。そのため第三者行為災害に関する労災保険給付と民事損害賠償との支給調整について労災保険法で定められております。

交通事故の労災申請は社労士が対応

交通事故の解決において、保険会社と示談に至るまでには様々な交渉があります。後遺障害等級について、慰謝料について、賠償金についてなどに目がいきがちです。しかし通勤途中の事故や、業務中の事故は労災となります。労災申請は、弁護士でもなければ、行政書士でもなければ、社会保険労務士、つまり社労士の業務となります。よって、社労士がいない相談所では積極的に労災の申請など致しません。そのような手間のかかるお話はしない相談所もあるようです。また、交通事故で重い障害が残った場合、障害年金を受け取ることができます。高次脳機能障害や、肢体切断など、障害年金の対象です。(障害年金についてコチラよりご覧ください)障害年金の申請も、社労士の業務です。当相談所では、一般的な交通事故の示談に関すること、労災や障害年金の申請、行政書士と社労士がタッグで取り組むため、被害者が受け取るべき権利、利益全てをお知らせし申請ができるということです。また、担当する所長松井、労災のプロ宮本は、行政書士と社労士、両方の資格を有するので、話が早いということです。

通勤災害、労災トップページ通勤災害労災解決までのステップ労災手続き方法
労災保険の適用について労災保険給付と休業補償給付。通勤災害と労災障害給付一覧表
通勤災害の考え方通勤災害、労災によrくある質問法人労災手続き代行致します。全国対応。


交通事故被害者読本プレゼント

被害者相談メール

通勤災害・労災でお困りの方

通勤災害労災のプロ 交通事故相談所

通勤災害、労災のページは情報量がスゴイんです。実績があるからです。まず、その前に、当事務所に通勤災害、労災について相談するメリットを分かりやすく説明いたしました。一つでも該当する項目がございましたらすぐにご相談を!お務めの会社が労災手続きを嫌がったり実際通勤途中ではあるが労災かどうかわからない場合や、交通事故後に会社を退職した場合、こんな時どうしたらなど判断できないことが多いと思います。
>>>CHECK 当相談所を利用するメリットは?

  • 交通事故動画解説。交通事故専門家 松井宝史がナビゲート
  • 症状別交通事故解決事例集・解決事例が多い相談所
  • 交通事故無料メール相談・交通事故お気軽メール相談・無料交通事故メール相談
  • 交通事故相談所解決報酬・交通事故相談報酬手数料はいくら・行政書士報酬
  • 後遺障害等級無料算定・自分の後遺障害等級は正しいか
  • 逸失利益無料算定・逸失利益無料計算致します
Page Top