• 労災申請のプロ、労災の手続き方法
  • 労災の基礎知識、どうやって労災申請する
  • 個人でも大丈夫、労災申請
前へ
次へ

労災まるわかり、労災の知識。お任せください、労災の申請代行。個人のかたでもOKです。通勤災害、労災の手続きまるわかり!まずは知ってください。

まずは基本、労災保険とは???
労働者が業務上の事由または通勤によって負傷したり、病気にかかったり、あるいは不幸にも
死亡された場合に被災労働者や遺族を保護するために必要な保険給付を行うものです。労働者の社会復帰の促進なども労働者の福祉の増進を図るための事業も行っております。
【保険事故】
業務上の事由または通勤による労働者の負傷・疾病・障害・死亡等
|--- 業務災害に関する保険給付
|--- 通勤災害に関する保険給付
|--- 二次健康診断など給付


さらに基本、通勤災害とは???
「労働者の通勤による負傷、疾病、障害なたは死亡」のことです。この通勤については「労働者が就業に関して
1.住居と就業場所との間の往復
2.就業場所から他の就業場所への移動
3.①に掲げる往復に先行し、または後続する住居間の移動を、合理的な経路及び方法により行うこと。といいますが、「業務の性質を有するもの」は業務災害に該当するものとして除外されております。また通勤に際して「移動の経路を逸脱し、または移動を中断の間及びその後の移動は通勤としない」とされております。但し、この「逸脱または中断が、日常生活上必要な行為でやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、当該逸脱は中断の間を除いて」通勤に含まれることになります。

労災保険と交通事故???
業務中た通勤途中で遭った事故の場合は、労災保険に対し医療費を請求することができます。
相手がある事故の場合、被害者は加害者に対して2つの権利を有することになります。それは損害賠償請求権と労災保険への給付請求権となります。2つの権利のうちどちらを行使するかは被害者自身の選択となります。この場合、加害者と労災保険の両者から二重の補償を受けることを調整する必要があります。そのため第三者行為災害に関する労災保険給付と民事損害賠償との支給調整について労災保険法で定められております。

通勤災害の移動間とは???
一般的な移動について
1.住居 ← 住居と就業の場所との間の往復 →就業場所

複数就職者の事業場間の移動について
2.就業の場所A ← 事業場間の移動 → 就業の場所B
就業の場所A ← 住居 → 就業の場所B

単身赴任者の赴任先住居と規制先住居間の移動について
3.就業の場所 ← 帰省先住居
就業の場所 ⇔ 赴任先住居 ← 住居間の移動 → 帰省先住居

労災申請、手続きは社会保険労務士の業務です。


通勤災害、労災トップページ通勤災害労災解決までのステップ労災手続き方法
労災保険の適用について労災保険給付と休業補償給付。通勤災害と労災障害給付一覧表
通勤災害の考え方通勤災害、労災によrくある質問法人労災手続き代行致します。全国対応。

その事故は労災なのか?

通勤災害労災のプロ 交通事故相談所

通勤途中の事故、ちょっと寄り道した事故、色々なシチュエーションがあるかと思います。はたして、その事故は通勤災害となり労災になるのか?というご質問も多く受けます。労災に間違いないとしても、お務めの会社で労災手続きをしてくれない場合もございます。労災申請は個人でやってください!というように。労災の手続きは煩雑、複雑だから会社が嫌がるという場合も少なくありません。当事務所では喜んで労災申請致しますのでご相談下さい。

  • 交通事故動画解説。交通事故専門家 松井宝史がナビゲート
  • 症状別交通事故解決事例集・解決事例が多い相談所
  • 交通事故無料メール相談・交通事故お気軽メール相談・無料交通事故メール相談
  • 交通事故相談所解決報酬・交通事故相談報酬手数料はいくら・行政書士報酬
  • 後遺障害等級無料算定・自分の後遺障害等級は正しいか
  • 逸失利益無料算定・逸失利益無料計算致します
Page Top