労災手続き方法

通勤災害労災手続方法

通勤災害の場合、いつから当事務所でお手伝いさせて頂くのがベストなのか?

まずは基本、労災保険とは???
労働者が業務上の事由または通勤によって負傷したり、病気にかかったり、あるいは不幸にも 死亡された場合に被災労働者や遺族を保護するために必要な保険給付を行うものです。労働者の社会復帰の促進なども労働者の福祉の増進を図るための事業も行っております。

【保険事故】
業務上の事由または通勤による労働者の負傷・疾病・障害・死亡等
|--- 業務災害に関する保険給付
|--- 通勤災害に関する保険給付
|--- 二次健康診断など給付

さらに基本、通勤災害とは???
「労働者の通勤による負傷、疾病、障害なたは死亡」のことです。この通勤については「労働者が就業に関して

1.住居と就業場所との間の往復
2.就業場所から他の就業場所への移動
3.①に掲げる往復に先行し、または後続する住居間の移動を、合理的な経路及び方法により行うこと。といいますが、「業務の性質を有するもの」は業務災害に該当するものとして除外されております。また通勤に際して「移動の経路を逸脱し、または移動を中断の間及びその後の移動は通勤としない」とされております。但し、この「逸脱または中断が、日常生活上必要な行為でやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、当該逸脱は中断の間を除いて」通勤に含まれることになります。

労災保険と交通事故?
業務中た通勤途中で遭った事故の場合は、労災保険に対し医療費を請求することができます。 相手がある事故の場合、被害者は加害者に対して2つの権利を有することになります。それは損害賠償請求権と労災保険への給付請求権となります。2つの権利のうちどちらを行使するかは被害者自身の選択となります。この場合、加害者と労災保険の両者から二重の補償を受けることを調整する必要があります。そのため第三者行為災害に関する労災保険給付と民事損害賠償との支給調整について労災保険法で定められております。

通勤災害の移動間とは?
一般的な移動について
1.住居 ← 住居と就業の場所との間の往復 →就業場所 複数就職者の事業場間の移動について

2.就業の場所A ← 事業場間の移動 → 就業の場所B 就業の場所A ← 住居 → 就業の場所B 単身赴任者の赴任先住居と規制先住居間の移動について

3.就業の場所 ← 帰省先住居 就業の場所 ⇔ 赴任先住居 ← 住居間の移動 → 帰省先住居

労災申請は複雑

労災申請ができる事務所は少ないのです労災申請は社労士が行います。労災の手続きは時間も手間も非常にかかります。一般的な交通事故相談所などは、逸失利益や後遺障害等級のことばかり、つまり賠償金などばかりで、労災に関するお話もしない場合もあるようです。通勤途中の事故や業務途中での事故は労災となります。交通事故示談に向けての取り組みとは別に労災の申請を実施します。被害者が得ることができる利益は全て追及していくことをお約束致します。


交通事故労災申請は社労士の仕事です

【労災関連一覧】

  • (1)通勤災害労災概要
  • (2)労災手続方法
  • (3)労災保険の適用について
  • (4)通勤災害の考え方
  • (5)労災保険給付
  • (6)休業補償給付
  • (7)法人労災申請代行


  • 交通事故解説本プレゼント

    交通事故解決サポート安心できる被害者対応 スタッフ紹介

    交通事故電話相談


    交通事故メール相談

    関連ページ

  • 事務所概要
  • 所長挨拶
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    逸失利益の無料算定を実施中です。無料相談会や無料メール相談よりお問合わせ下さい。この逸失利益の計算方法は複雑であり一般の方々には難しいことなのです。自分がどのくらいの利益を得て、どのくらい保障してもらうのか、保険会社との交渉の前に知るということも大切ではないでしょうか?後遺障害の等級、慰謝料、労災など受け取れるものはすべて受け取るという姿勢で当相談所は動いております!ぜひ、ご相談を。