労災保険の適用について

労災保険の適用について

労災保険の基本 労災保険の適用

通勤災害,労災でお悩みの方,通勤途中の交通事故,業務中の交通事故,各種申請はお任せ下さい 労災保険は保険の制度であるが、雇用保険・健康保険とは異なり、被保険者という概念はありません。制度の加入者(保険給付等の対象者)は適用事業に使用される労働者である。ただし、労働者以外の者も加入できる特別加入の制度もございます。適用事業及び労働者の範囲は原則として労働基準法と同じである。ただし、労災保険法独自の適用除外の規定があり、また暫定任意適用事業の規定もある。

適用事業とは?
交通事故解決と同時に労災申請します,被害者が知らない通勤災害,労災労働者を使用する事業は、適用除外、暫定任意適用事業に該当する場合を除きすべて適用事業(強制適用事業)になる。労働者を使用する事業は原則として-適用事業(強制適用事業)。例外として-適用除外- 暫定任意適用事業

適用労働者とは
通勤災害,損害賠償請求権と労災保険への給付請求権,会社に代わって労災申請致します労災保険の適用労働者とは適用事業に使用される労働者である。労働者とは、労働基準法第9条の「労基法の適用事業に使用される者で賃金を支払われる者」と同一と解されている。従って、労働者であるかどうかは、事業主との使用従属関係があるか否か、労働の対償として賃金が支払われているかどうかで判断される適用労働者かどうかの具体例をあげると次のようになります。原則として適用労働者とならない例

●自営業者(特別加入制度あり) ●同居の家族 ●法人の代表者・役員 ●日本企業の海外支店に現地採用された日本人職員 原則として適用労働者となる例 ●アルバイト ●パートタイマー ●派遣労働者 ●船員保険の疾病任意継続被保険者 ●地方公務員のうち現業務部門の非常勤職員

労災保険の適用除外について
通勤災害申請,労災申請,労災でお悩みの方ご相談下さい。次の ① ②の事業及び労働者は、労災保険の適用が除外されております。これらの事業及び労働者は国家公務員災害補償法、地方公務員災害補償法等の適用を受けられるからとなります。①国の直営事業 国自らが行う事業。国有林野の事業である。②官公署の事業(労働基準法別表第一に掲げる事業を除く)いわいる非現業の官公署の事業(すなわち事務部門の役所)のことである。地方公務員のうち現業部門の非常勤職員は適用除外とされず、労災保険が適用されます。

労災申請は複雑

労災申請ができる事務所は少ないのです労災申請は社労士が行います。労災の手続きは時間も手間も非常にかかります。一般的な交通事故相談所などは、逸失利益や後遺障害等級のことばかり、つまり賠償金などばかりで、労災に関するお話もしない場合もあるようです。通勤途中の事故や業務途中での事故は労災となります。交通事故示談に向けての取り組みとは別に労災の申請を実施します。被害者が得ることができる利益は全て追及していくことをお約束致します。

【労災関連一覧】

  • (1)通勤災害労災概要
  • (2)労災手続方法
  • (3)労災保険の適用について
  • (4)通勤災害の考え方
  • (5)労災保険給付
  • (6)休業補償給付
  • (7)法人労災申請代行



  • 交通事故労災申請は社労士の仕事です

    交通事故解説本プレゼント

    交通事故解決サポート安心できる被害者対応 スタッフ紹介

    交通事故電話相談


    交通事故メール相談

    関連ページ

  • 事務所概要
  • 所長挨拶
  • お問合せ
  • トップページに戻る
  • 相談所メモ

    逸失利益の無料算定を実施中です。無料相談会や無料メール相談よりお問合わせ下さい。この逸失利益の計算方法は複雑であり一般の方々には難しいことなのです。自分がどのくらいの利益を得て、どのくらい保障してもらうのか、保険会社との交渉の前に知るということも大切ではないでしょうか?後遺障害の等級、慰謝料、労災など受け取れるものはすべて受け取るという姿勢で当相談所は動いております!ぜひ、ご相談を。