• 障害年金 視力低下 交通事故
  • 交通事故による視力低下失明の障害年金の支給要件とは
  • 交通事故による失明や視力低下、目の障害の場合の社会保険加入者障害年金申請
前へ
次へ

交通事故による障害年金の申請・社会保険加入者障害年金支給
交通事故による障害年金の申請トップ案内に戻る

交通事故による目の障害、視力低下、失明などの障害年金交通事故による目、視力低下、失明などの障害年金給付

交通事故によって目に後遺障害が残った場合、視力障害、視野障害またはその他障害に区分されます。等級については、1級、2級、3級、障害手当金となっています。目の障害の認定の一番難しい点は、初診証明をどのように取るか、ということです。病院に行く前に、まず交通事故によって目の視力低下などがある場合、当相談所にお問合わせください。手順をふまないと申請受給できない場合もございます。


●交通事故による目の障害1級---
両眼の視力の和が0.04以下のものとなります。屈折異常のあるものについては、矯正視力により認定します。矯正視力とは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡またはコンタクトレンズによって得られた視力をいいます。眼内レンズを挿入したものについては、挿入後の矯正視力により認定します。両眼の視力とは、それぞれの視力を別々に測定した数値であり、両眼の視力の和とは、それぞれの測定値を合算したものをいいます。


●交通事故による目の障害2級---
両眼の視力の和が0.04以上0.08以下のものとなります。身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとなります。

●交通事故による目の障害3級---

両眼の視力が0.1以下に減じたものとなります。

●目の障害 障害手当金について
1.両眼の視力が0.6以下に減じたもの
2.眼の視力が0.1以下に減じたもの
3.両眼のまぶたに著しい欠損をのこすもの
4.両眼による視野が2分の1以上欠損したもの又は両眼の視野が10度以内のもの
5.両眼の調整機能及び輻輳機能に著しい障害をのこすもの
6.身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの。

交通事故 障害年金 高次脳機能障害の認定要件

交通事故 障害年金認定 上肢の障害

交通事故障害年金認定 下肢の障害

交通事故障害年金 体幹脊柱障害

交通事故障害年金認定脊髄損傷

交通事故障害年金認定 目の障害

交通事故障害年金の豆知識本プレゼント中・障害年金の解決本をプレゼントしております

◆がんにかかっているが障害年金の申請をしていない方◆障害者手帳をもらっているが障害年金をもらっていない方◆障害年金の申請の仕方が分からない方◆人工透析を受けているのに障害年金をもらっていない方◆ペースメーカー又はICDを装着しているのに障害年金をもらっていない方◆股関節に人工関節置換術を施したのに障害年金をもらっていない方◆心筋疾患にかかっているが障害年金の申請をしていない方。是非お申込みください!

障害年金を確実に獲得する方法が書かれたという小冊子をご用意しております。障害年金の獲得に当たって請求の仕方、障害認定基準など具体的なことを記載しております。この度、期間限定で障害年金解決本をプレゼント(無料送付)致します。障害年金解決本をお申込みの方には、さらに資格要件、保険料納付要件の確認を無料で実施します。

障害年金についてもプロなのです

障害年金申請全国対応・障害年金相談所

交通事故の被害者は単純に保険会社と慰謝料や病気療養費の金額交渉だけではなく、労災や障害年金など被害者が受け取れるものはすべて申請していくのが当相談所の強みです。障害年金は交通事故の被害者だけではなく病気やケガで給付条件に該当する方は誰でも申請受給が可能なのです。病気やケガでお困りの方も、お気軽にご相談下さい。総合サポートが可能な当相談所にお任せ頂くことが支給の近道です。

  • 交通事故動画解説。交通事故専門家 松井宝史がナビゲート
  • 症状別交通事故解決事例集・解決事例が多い相談所
  • 交通事故無料メール相談・交通事故お気軽メール相談・無料交通事故メール相談
  • 交通事故相談所解決報酬・交通事故相談報酬手数料はいくら・行政書士報酬
  • 後遺障害等級無料算定・自分の後遺障害等級は正しいか
  • 逸失利益無料算定・逸失利益無料計算致します
Page Top